MENU
operation_03

かんむし、夜泣き、寝てくれない・・・
赤ちゃんのお世話をするのは疲れますね。
赤ちゃんは言葉が話せないので、自分の思いを泣くことでしか伝えることができません。
・・・わかってはいるのですが、それでも世話をする方は辛いですよね。
「こんなに頑張っているのに、何で泣き止んでくれないんだ?」
「自分の世話の仕方が間違っているのだろうか?」
・・・と、自分を責めたり途方に暮れたりしていませんか?

これには、自律神経が大きく関わっているのです。

自律神経には、
「交感神経」(体の活動時に働く)と
「副交感神経」(体の休息時に働く)
があります。

赤ちゃんは自律神経が十分に発達していないため、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできません。

例えば夜泣きの場合・・・
眠いので寝たい

休息時にもかかわらず、交感神経が働いてしまい体が活動状態になる

寝たいのに眠れない

「眠れない」という情況を泣くことで表現
・・・という状態です。

小児鍼は自律神経のバランスを整える治療ですので、上記のような症状を改善することができます。
鍼と言いましても、皮膚に刺入しないはりですので、全く怖くありません。
生後1ヶ月から10歳児ぐらいまで有効です。

赤ちゃんがゆっくり寝てくれるようになれば、お母さんもゆっくりできて、笑顔で過ごせるようになります。
赤ちゃんだってつらいのです。
すき好んでお母さんを困らせようとしている訳ではありません。

せっかく授かった赤ちゃん、毎日笑顔で接してあげたいですね♪

適応症
かんむし、夜泣き、寝つきが悪い、夜尿症、
下痢・便秘、元気がない、
風邪症状(風邪をひきやすい、微熱、鼻水、咳など)

料金
3回     \1620
(最低でも、3回は継続していただかなければ鍼の効果は期待できません)

 
 
06-6711-0704
所在地|〒542-0064 大阪府大阪市中央区上汐2-2-1 エムテック上汐1F
鍼灸・整骨|[月水木金] 10:00~14:00 / 16:00~20:00 [火土] 10:00~14:00  定休日|火土午後、日・祝
美容鍼灸|[月~木 / 土] 10:00~14:00
©2016 こもり鍼灸整骨院